遺言

遺言作成の必要性

遺言は,個人の最期の意思が一定の方式の下で示されるものです。
自らの私生活関係につき,権利主体が死後の状況に着いてまで自己決定できることに意味があります。

自分が財産を残して亡くなった場合,長年連れ添った妻に遺産を残したい,
面倒を見てくれた長女に多く残したい,病気をもっている二男の生活に必要な分はあげたい,
など希望が有ると思います。
これについては,遺言を書いておけば,希望の形にできますが,
遺言が無いまま亡くなってしまうと,最終的に相続人間で話し合いがつかなければ,
法定相続分で分けることになってしまいます。
自己の財産の最期の処分方法について,考えてみませんか。

 

1 自筆証書遺言

遺言者が,遺言書の全文,日付及び氏名を自分で書き,押印して作成する方式の遺言です。
誰にも知られず書け,費用もかからない点がメリットですが,
反面,厳格な方式を備えていないために無効とされたり,解釈に争いが生じてしまったり,
偽造・変造される恐れもある点がデメリットです。

要件 ①日付 ②氏名 ③押印

2 公正証書遺言

遺言者が遺言の内容を公証人に伝え,公証人がこれを筆記して公正証書による遺言を作成する
方式の遺言です。
内容的に争いのない適正な遺言ができる,作成時に遺言能力・意思の確認が行われているので,
無効などの主張がされる可能性が少ない,破棄・隠匿のおそれが少なく,偽造・変造の恐れもない
と言う点がメリットです。
デメリットは遺産の額によっては高額の公証人手数料がかかる点です。

要件 ①遺言者が口授 ②証人2名 ③公証人が筆記
   ④公証人読み聞かせの後,遺言者・証人・公証人が署名押印

3 秘密証書遺言

遺言者が遺言内容を秘密にした上で遺言書を作成し,
公証人や証人の前に封印した遺言書を提出して遺言書の存在を明らかにする方式の遺言です。
遺言書は自書の必要がなく,内容を第三者に知られずに済むという点がメリットです。